小上がり和室の魅力

〒475-0925 愛知県半田市宮本町6-215-11

Tel.0569-23-1734

メニューを開く

blogブログ

家づくりコラム

2021/11/09

小上がり和室の魅力

小上がり和室の魅力

こんにちは🏠♪

今朝は久しぶりのしっかりとした雨でしたね。

今日から気温もぐっと下がるようです。

お家を建てる時の悩みの一つとなる和室の有無。

大きな和室は要らないけれど、ゴロッと横になれる畳スペースがあると落ち着くという人は少なくありません。

そこでおすすめなのが小上がりの和室です。

今日はそんな小上がり和室についてお話してみようと思います。

▼目次

・小上がり和室とは

・小上がり和室のメリット

・小上がり和室のデメリット

・小上がり和室を作る時のポイント

・まとめ

小上がり和室とは

床よりも一段高い場所に設けた和室のことを言います。

主にリビングダイニングなどに取り入れられることが多く、空間の中に高低差が出るため奥行き感を演出できます。

段差を有効活用できどのようなテイストの家にもなじむため、リフォームでも新築でも導入を検討される方が増えています。

小上がり和室のメリット

収納が増える

一番のメリットは収納が増えるという事です。

段差のスペースを利用し適切な高さと幅が確保できれば、大容量の収納スペースになります。

段差に座ってくつろぐことができる

段差に腰掛けることができるので、椅子の代わりに腰掛けてくつろぐことができます。

例えばお客様が来られた際、椅子やソファのスペースが足りなくても、小上がりに腰掛ければ同じ目線で会話を楽しむことも出来ます。

小さなお子様がいるときは、ちょっとしたキッズスペースにしたり、楽におむつ替えができたりすることも!(落下や転倒には要注意⚠)

寝転んでも地べた感がない

フラットな和室の場合、地べたに寝転がる感覚を不快に感じリラックスできないという方も少なくありません。

しかし、小上がりの段差があることで地べた感がなくなります。

また小上がり和室を寝室として使いたい場合も小上がり和室はオススメです。

高齢になってくると、布団から起き上がることが困難になってきます。

小上がりの段差を利用することでベッドのように楽に起き上がることができます。

空間に立体感が生まれる

小上がりの和室があると、床面にメリハリが生まれるため、立体的でオシャレな印象になります。

また、リビングダイニングと一体型でも、床のほこりやゴミが和室にまで侵入することもありません。

小上がり和室のデメリット

ご家族の年齢や、リビングの広さ・天井の高さによっては、小上がり和室を設置しないようが良い場合もあります。

バリアフリーには向かない

高齢の方や小さなお子様がお家にいらっしゃる場合は転んだり、落下したりしないか注意が必要です。

また、お掃除ロボットは段差が越えられないため、いちいち上に上げたり下げたりしなければならない手間も増えます。

部屋が狭く見える

デザイン次第で奥行き感を出せる小上がり和室ですが、リビングの広さ・天井の高さ・和室の位置によっては、逆にリビングが狭く見えてしまうこともあります。

家具の配置などには十分配慮が必要だと言えます。

小上がり和室を作る時のポイント

広さは4.5畳が人気

リビングに小上がり和室を作る場合、広さは「4.5畳」が圧倒的に多く、その次に人気があるのは「3畳」です。

5畳以上になってくると、別室として独立させることの方が多くなってきます。

用途によって間仕切りを

ちょっとしたくつろぎスペースにしたりお洗濯物を畳んだりする程度であれば間仕切りの必要性はありませんが、寝室として使いたいという場合は、音や匂いが気になるため間仕切りが必要になってきます。

ただ間仕切りを作るとどうしても存在感が出てしまうため、スペースが限られている場合はあまりオススメできません。

段差は35cm~40cmがベスト

小上がりの段差は35cm~40cmが理想とされています。

それ以下になると、段差を利用した収納が有効に利用できません。

また、座る時にもあまり低すぎても座りづらさを感じますし、さらにつまずきやすくなります。

そして35cm以上の高さがあれば、小さなお子様が転んだ時に手をつきやすく安全です。

位置や繋がりを配慮する

段差の部分に収納を作る場合、注意しないといけない点がいくつかあります。

段差部分の収納はほとんどが引き出しになります。

引き出すスペースが前部になくてはならないため、家具の配置を考えなくてはなりません。

収納した物を出し入れする際、その都度しゃがまなくてなならないため、高齢の方には足腰に負担がかかり辛く感じるかもしれません。

また、高さと奥行が十分でない場合は入る物も限られてしまうため、あらかじめの収納計画が必要になってきます。

『誰が使うのか』『何を収納するのか』ということをあらかじめ決めておいたほうが良いでしょう。

また、庭やウッドデッキと隣接して作る際は段差がかえって邪魔になるというケースも考えられます。

このように隣接するスペースとの高さのバランスについても入念な打ち合わせが必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

小上がり和室は収納力だけでなく、デザイン性も魅力のひとつです。

ただし、デメリットや周囲の環境、家族のライフスタイルをきちんと考えた上での設置をおすすめします。

小上がり和室をお悩み中の方は是非無添加の家にお任せください!

あなたにぴったりのプランをご提案いたします。

──────────────────────────────────────────────

🏠無添加の家の施工事例をもっと見たい方はコチラ♪

https://howa-const.co.jp/case_newly

🏠無料相談会のご予約はコチラ♪

https://howa-const.co.jp/request



無添加住宅、自然素材の家づくりのことなら無添加の家(豊和建設株式会社)までお気軽にご相談ください。

🏠無添加の家の施工事例をもっと見たい方はコチラ♪
https://howa-const.co.jp/case_newly

🏠無料相談会のご予約はコチラ♪
https://howa-const.co.jp/request

 

 

無添加住宅、自然素材の家づくりのことなら無添加の家(豊和建設株式会社)までお気軽にご相談ください。

CONTACT 家づくりに関することなどどんなことでもお気軽にお問い合わせください♪CONTACT 家づくりに関することなどどんなことでもお気軽にお問い合わせください♪

お電話でのお問い合わせ Tel.0569-23-1734お電話でのお問い合わせ Tel.0569-23-1734

メールでのお問い合わせ 詳しくはこちらから リンクバナーメールでのお問い合わせ 詳しくはこちらから リンクバナー

豊和建設 スタッフ アイコン

ページの先頭へ戻る