実験 燃焼比較!

〒475-0925 愛知県半田市宮本町6-216-12

メニューを開く

blogブログ

無添加な暮らし

2020/01/18

実験 燃焼比較!

実験 燃焼比較!

今年の冬はあったかい。

もっと寒くならないと冬を感じない。

自宅は薪ストーブ1台 今年の冬はこれで各部屋のエアコンはOFFで十分快適!

燃料は薪。広葉樹の桜、ナラ、カバ。

なかなか趣があり私がはまるかと思ったが、妻がはまっている。

子供たちはと言うと 高校生のお姉ちゃんは弟に向かって「おまえの悪いテストの答案用紙お母さんに見せる前に燃やせていいな!(悪顔)」

とからかってた(笑)

事務所はペレットストーブ

燃料はそのままペレット。いままでは、豊根村のペレットだったが

今回は上伊那のペレット

豊根:新木ペレット(杉、桧、)多少ペレット自身が短く粉っぽい

画像の手が汚く、指が太くて短くてすみません。(恥)

上伊那:(唐松、エゾマツ樹皮含む)ペレット自体は長く、樹皮が混ざっているのでテカりがありしっかりしている。袋で開封したとき松特有の臭いがする。

同じ10kgで価格は1袋530円ぐらい。(各所に引き取りに行って)

運賃が本体価格と同じくらいなので、毎回観光がてら引き取りに行っている。

だいたい13坪の事務所で1シーズン25袋~30袋使うので燃費は 13,250円~15,900円ぐらい

高いか安いかはよくわからないが、炎の見える暮らしは何とも言えないくらい心地いい!

無添加の家のしっくいにも相性がいいです。

本題に戻りますが、上記2種類のペレット

感想から言いますと、

豊根:多少粉っぽい分、煙が出やすいかな。香りは特別感じない。

上伊那:煙は出にくいが樹皮も混ざっているためポットの目づまりがしやすい。

(ペレットを保管しておく場所にもよりますが。)             

どちらもいい面、悪い面ございますが、今シーズンはしっかり燃焼している印象が強いので上伊那のペレットで行こうと思います。

燃費的にはそれほど変わらない印象です。

人工的な暮らしより、無添加な暮らしがいい!

◆無添加の家 ホームページ

https://howa-const.co.jp/

◆無添加の家 Facebook

https://www.facebook.com/howa.const.mutenka/

◆無添加の家 Instagram

https://www.instagram.com/mutenkanoie_howa/

◆無添加の家 問い合わせ

https://howa-const.co.jp/form

ページの先頭へ戻る