珍しい生き物(昆虫)を見たのは、初めてでした。

〒475-0925 愛知県半田市宮本町6-216-12

メニューを開く

blogブログ

ママ日記

2021/10/09

珍しい生き物(昆虫)を見たのは、初めてでした。

珍しい生き物(昆虫)を見たのは、初めてでした。

本日、別件で、お施主様宅をご訪問させて頂いた際に、珍しい生き物(昆虫)に遭遇しました。

昆虫嫌いの方には、失礼いたします。

この生き物は、「蚕(カイコ)または、(カイコガ)とも言われます。」

蚕(カイコ)とは?

絹(シルク)をつくりだしている生き物です。

幼虫は、蚕(カイコ)と呼ばれ、桑の葉を食べて大きくなります。

桑の葉は、毎日変えてあげないといけないくらい手のかかる生き物です。

蚕が絹を産生して蛹(サナギ)の繭(マユ)を作ります。

それが、白い楕円形の形をしたふさふさしたものです。

この、白い楕円形のふさふさしたものが繭(マユ)です。

その繭(マユ)を糸引きしたものが、

絹(シルク)となります。

糸引きの工程は、結構手間暇かかるそうです。

(昔、祖父母が話していたような?)

祖父母の話を思い出したのですが・・・

養蚕業が盛んだったころは、近くに桑の葉がたくさん植えられていたそうです。

桑の実は、美味しく、食べるものがない時代に育った祖父母は、よく、その実をつまみ食いして食べたそうです。

そのことを知らない両親も、紫色一色の口の中を見て、すぐに桑の実を食べたことがばれたそうです。

そんな貴重な蚕(カイコ)や繭(マユ)に遭遇できたのは、ほんとに、運命ですね!

今まで、自分の名前の由来の生き物に出会える機会がなく・・・。

感慨深かったです。

人生100年といわれる時代、折り返し地点にたとうとしております。

これからも 初心忘れべからず 邁進していきたいと思います。

ページの先頭へ戻る